高崎市の老人ホーム・デイサービスセンター・訪問看護は

メールでのお問い合わせ
027-329-7555
施設長の思い

ナーシングホームあいFC絆の施設長、木口 玲子です。

長年、病院で看護師を務めてきた私が当施設を開設するに至った想いをお話ししたいと思います。


人間としてあたりまえの生活を叶えるために

これまでは、ご病気になられると、まずは急性期病院で治療。その後は慢性期病院で経過をみて、さらに療養型病院で治療を優先した生活を余儀なくされてきました。
しかし、それは本当にご本人にとって“人間らしい人生”なのでしょうか?

私は病棟で、患者さんを起してあげたい、お風呂に入れてあげたい、食べさせてあげたい。そんな人間としてあたりまえのことを叶えてあげることができない現実を目の当たりにして、いつしか疑問を抱くようになったのです。

エッセイストの増田れい子さんは、「看護とは人間を人間らしく生かし、また、人間らしい死を可能とする人間の仕事である」と言われています。

過度な手助けではなく、必要なケアをしながら、日常生活を安心して過ごすことができる施設があったら……。
そんな想いを描いていた時に「ナーシングホームあい」と出合い、FC(フランチャイズ)として運営することができました。


2世帯住宅の延長としての施設

当施設は、住居型老人ホームでの生活をベースに、その方の医療依存度に合わせ、日常の中で看護師がサポート、介護士が生活の色付けをしてまいります。

現代は、世帯や居住構造の変化など、“家族のカタチ”は多様化が進んでいます。

これからは、介護保険やマンパワーなど社会資源を利用した、この様な施設が必要になってくると強く感じています。

2世帯住宅の延長のような感覚で当施設をご利用いただければ嬉しく思います。